So-net無料ブログ作成

パソコンの電池交換しました。 [MacBookAir]

遂に待ちに待ったMacの電池が届きました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0133.jpg

アマゾンで注文したのですが、Appleの純正でわありません。
2012midにあう電池を探していたところ、口コミも高い評価で
値段的にも1万円以上出したく無かった為このSLODAと言う電池を買いました。

storeに持ち込んで交換は考えませんでした。

どうせ保証期間も切れてるし……
なんせ、時間が掛かってしまい、交換手数料も高いために
ネットで検索して交換手順を調べ、自主交換としました。

まずノートの裏蓋を外さなくてはアクセスできません。

IMG_0140.jpg

全部で10箇所のネジを外します。

Macのネジは特殊な形をしているために普通の精密ドライバーのセットでは適応となるドライバーが入っていません。

IMG_0096 (1).jpg

この日のために追加で多数入っている精密ドライバーも買っておきました。

IMG_0168.jpg
IMG_0170.jpg

画像の一番右側に写っている星型のドライバーを使います。

Macの裏蓋のネジは10本中2本のみが長さの違うもので、その位置さえ覚えておけば最後に閉めるときも間違うことがないのでまとめて置いておくことができます。

ネジを外したら簡単に裏蓋が外せます。

IMG_0138.jpg

正面下側に見えているのがバッテリーパックです。

あれ?あれ?

IMG_0134.jpg

買った電池パックを開けてみると....................

なんとドライバーが2本付いてきているではありませんか。

ネットの説明も良く読まずに精密ドライバーのセットを買ってしまった!!!!![がく~(落胆した顔)]

でも一家に一個は精密ドライバーセット必要ですよね???????? 

きっと.................

本題に戻りますが

当たり前の話なのですが、注文したバッテリーパックと見比べてみても
違いがわかりません。

交換後の画像ですが

違いといえばSLODAと書かれているところだけでしょう
IMG_0139.jpg

まるで見た目は純正品のようでしょ!

でも画像からは分かりにくいのですが、5年も経っているので埃まみれでした。

冷却ファンを中心にブロアーで埃を綺麗にしてみました。

自分の中ではもう新品です[わーい(嬉しい顔)]

仕上げは逆の手順で組み込んでいきます。。

ただ注意しなくてはいけないのが電池をはめ込むときに半分くらい差し込んだら、まずコネクターを接続します。

こうしないと電池を完全に嵌めてからでは、コネクターに変なテンションがかかってしまい断線の恐れがあります。

あと絶対に静電気には注意してください。

パソコン本体が使い物にはならなくなってしまいます。

私はこれを手に嵌めて作業しました。

IMG_0172.jpg

結果の画像を掲載します。
前と

IMG_0131.jpg

後です。

IMG_0144.jpg

前の画像では状態情報として充電回数もバッテリー装着も出てはいなかったのですが、交換した後は充電情報、充電回数もしっかり出ています。

あ〜〜〜〜

交換してよかった。

最後に立ち上げです。

しっかり立ち上がりました。

IMG_0147.jpg

IMG_0149.jpg

見えにくいのですが、電池のマークのところに40%の記載も見られます。

とりあえず一安心です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。